北見初‼️【バックウォーター企画】スロー&ワンピッチでトークショー開催。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

北見初‼️【バックウォーター企画】スロー&ワンピッチでトークショー開催。


『北見市にスローピッチのスタイルを伝える方を呼びたい』
昨年、オホーツクジギングクラブの佐藤会長から言われた約束が今回、こうしてカタチになり、北見市アングラー方々へ繋げる事が出来たのだ。

北見市内にあるルアー&フライショップ【バックウォーター】さま店内にてbeat大貝さんと私とでトークショーを企画していただいた。実のところ、今回のトーク内容は完全なる『スローピッチ』中心に話を進めようと小生は考えていた。

スピニングによるワンピッチスタイルは春に2日間連日講習会としてお話しさせてもらったので、今回は何としても北見市内初の『スローピッチ』講習会を成功させたかったのだ。
beat代表である大貝さんが女満別空港に到着する時刻は夕方5時半。その時間を見越してバックウォーター次期社長と一緒に迎えにあがる。

女満別空港入り口前の外気温計はなんと…5.8度。どおりで寒いわけだ。

小生が先に北見入りした際、大貝さんに『めっちゃ寒いですからね』とLINEではお伝えはしておいたが、女満別空港改札口から出て来た大貝さんからの最初のひと言が『めっちゃ寒いやん』であり、あらためてこの時期の気温が低い北見を味わっていただいた。

そのまま大貝さんを乗せて【バックウォーター】さまに到着。
お店に到着すると、もうトークショーに参加される方が何人か集まってくださっている。慌ててタックルセッティングを済まし、陳列させ『トークショー』は午後7時より予定通り開始となった。

「スローピッチジギング」のタックルバランスから、メタルジグの操作、見せ方、理由、更にマテリアルとなるリング径やフックのチモト長さ、リーダーなどスローピッチの奥義までを面白おかしく語って下さいました。

今回はホントに殆ど小生は話しませんでした。進行役に徹しました。
せっかく大貝さんが北見初となる『スローピッチジギング』の講習をして下さっている。小生は前回充分に伝えた、と思っており、ワンピッチジギングとはまた全く違う『スローピッチジギング』の素晴らしさ、奥深しさを満喫してもらえたのではないでしょうか。

小生はお役目も果たし、満足。翌日の午前便にて新千歳空港経由で長くあっという間の北海道巡業も終わりとなりました。

次は実釣会です。そのタイミングでまたたくさんのアングラー様とお会い出来るのを楽しみにしております。

【バックウォーター】関係者さま、お客様、オホーツクジギングクラブの皆さん、本当に有難うございました。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu