【I wear baggys pants every day.】夏が来た‼️

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【I wear baggys pants every day.】夏が来た‼️

バギーズパンツ。バギーズショーツ、と言った方が良いのかな?私が最も大好きな短パン(笑)であり、夏季普段着用率80%以上のご贔屓パンツ。

何がそんなに良いかって❓言い出したらキリがない位なんですが、思いつく事を拾ってみると…

●ノーパンで穿ける。オちん○ンが蒸れない。通気性抜群。
●中にメッシュパンツが施されている。
●5インチと言う短さが太った身体も自由にさせてくれる。
●とにかく生地が強い。お墨付き‼️
●濡れてもすぐに乾く。
●デザインが豊富。毎年様々なデザインで楽しませてくれる。
●フロントポケットが深い。(小銭など、落ちにくい)
●トレーニング時でも、寝る時も釣り仕事中でも店番してる時も穿ける。
●下着が必要ないから、ゴワゴワ感もなし。夏場は下着要らず。
etc

まあ、軽くお気に入り理由をピックアップしてみてもコレ位は一瞬で思い浮かぶほど。

バギーズパンツは1990年代にロングを入手しており、釣りなど船の上での生活に定番として使っていた。今だに現役で使用していますが、腹周りの伸縮ゴムが伸びきってしまったので昨年だったかな?直営店に持参し直してもらい、それ以外のメンテナンスはなし。

生地が丈夫なので、FRPの船上デッキでも太腿チクリ!を気にせずにどこにでも直坐り出来るし、魚血やヌメリなども簡単に洗い落とせられる。

だから随分前から愛着を持ち使用して来たのだが、パンツ(ショーツ)はそれ程でもなかったのだ。最初は7インチの単色を選んで着用していた。

しかしある時長男が『お父さん、派手なデザインの方が良いよ』と言っていたのを思い出し、選択するデザインはそれ以後、年度で変わる派手なデザインを選ぶようになった。

1日2~3着が普通な使用率。毎日の生活用に穿き、ランニングやトレーニング時に穿き替える。シャワーしてからも穿けるし、買い物時にも当然穿く。

それまではサーフィン用のショートパンツが夏の時期の定番であったが、バギーズパンツのデザインや型が身体にフィットしており、上シャツの合わせもしやすい。

パタゴニア Photo: Jeff Johnson

シャツもTシャツ以外は通気性の高いシャツばかりだけど、どれもバギーズパンツと合わせられるから選択が簡単なのだ。

私は体重90kg近く、身長は168cm。ガスタンクの様なゴリラ体型。腹こそポッコリとは出ていないが、しかし身体全体の厚みはある。しかし穿いてるバギーズパンツのサイズは《Sサイズ》。

Mサイズは太腿周辺がヒラヒラしてしまう感満載だから、ピチッと穿いてSサイズ。ランニングや筋トレしていても、まだ一度も生地が破れた事などなく、質実剛健。

まあ、私の様な穿き方が絶対、とは言いませんが想像より大きいのがパタゴニア製品(全体的なイメージとして)。だから私の様におデブちゃんの方はひと回り小さなサイズを選んでも可愛く(❓)着れるんじゃないでしょうか。

大好きな夏シーズン。海水浴なんかに行く年齢ではないですが、夏場の水浴びなんかは大好き。洗車時にも豪快に濡れても恥ずかしくないし、好んで濡れちゃうかも。

だからいつ濡れてもすぐ乾き、擦れる様な圧力や生地が裂ける場面にも丈夫でデザイン豊富なバギーズパンツが絶対的であります(笑)

パタゴニア

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu