【デブタンジグ、始動!】今期ニューサイズが追加されます。テスト中!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【デブタンジグ、始動!】今期ニューサイズが追加されます。テスト中!

ホッツより発売されている「KEITAN JIG」の追加サイズとして、
150g、200gの従来のサイズに増し、125g、175gを
テストしています。

これは、昨日まで行っていた「国際フィッシングショー横浜」時に、たくさんの方から質問を頂きましたので、ここであらためて紹介したいと思います。

サイズは125g、175gで決定し共に「KEITAN JIG」の特徴であるヘッドの薄さを強調し、水切れの良さ、曳き心地の軽さ、ダート幅、などといったものがすべて引き継がれております。

スピーディーな動きをさせることへの操作性、そしてスローな動きでの姿勢もこの2機種は共に出来ており、口を使いにくい水温の下がった冬季でのタフ状態でのテストにもきちんとした結果が出ているので、量産体制が整うのが楽しみです。

発売時期等は、今春の予定となっております。

また、3月10、11日の「J.I.Gフェスティバル」では、量産モデルになって上がってきたものをホッツブースで僕が紹介し、皆さんに見ていただけれるよう、展示する予定です。

昨年のリリースでそろそろ皆さんの手にも行き届いたであろう、KEITAN JIgの150g、200gですが、こちらもニューカラー(2007年限定カラー)を用意していきますので、楽しみにして下さいね。
(特に、外房スペシャルカラーは必見ですよ・・・)

話しは変わり・・・。
実は、2004年に御蔵島で20kgのヒラマサをキャッチした当時の名称(196944フェイクジグ)ですが、
2007年「DEBUTAN JIG」として発表したいと思っております。まだ、リリース先は未定ですが、
これも今期注目をしてもらいたい、そんなジグです。

KSマニュファクチャーの製作者・白石鋼次氏原作のもと、2003年度より平松がしちこ〜く、テスト開始。

国内ヒラマサフィールドにてテスト期間中には、数々のトロフィーフィッシュをキャッチすることが出来、
満足する仕上がりとなりました。

(背の部分はKEITAN譲りのスリム形状)
ロングでは口を使わない状況で、ヒラマサにピンを絞り、狙って獲っていくそんなジグです。
水中での水平垂直姿勢は、数あるメタルジグの中でもスタンダード・レギュラーサイズのジグでは、絶対に他社モデルに引けをとらない出来になっております。

(腹部は垂直姿勢を保たせる、デブ腹・・・)
この「DEBUTAN JIG」についてですが、2007年度のリリースに向けこのブログにて報告していきたいと思っておりますのでもうしばらくお待ち下さいね。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu