【volvo960】20年前生産「Classic」な愛車〜。でも宝物。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

私の愛するボルボ【Volvo960】は、1995年式。(通称:ボルちゃん)なかなかclassicな部類に入り、またオイルが少し漏れて来た…。どこが調子悪いのかはおおよそ把握出来ているので、そこのメンテナンスと来月車検なもので、しっかりと診てもらわねば。image
今日のブログネタは、ラジオをvolvo車内で聴いた運転中の話し。
数年前、運転中に白い煙を排たのは、以前のブログで確か書いたはず(笑)今日は、そのことじゃなく、何の気無くラジオのDJが話していた内容で、「えっ〜〜〜〜〜!!!!!!!」って、思ったこと。
そのDJが話していた内容は、「そろそろクリスマスの準備も始めている人もいるんじゃないかなぁ〜」から始まった、クリスマスでのカップルの話題であった。この時期、よくある内容だ。私には、まったくクリスマスなんて関係ないお話し(笑)
若いって、羨ましいなっ!そんなひがみ感情しか持たない、シガナイ46歳のおっさんだ。
DJは、「クリスマスの思い出〜」なんて言う内容で、メール、faxをリスナーから送ってもらい、読んでは自分の意見を言う、とまあ、当たり前のラジオジョッキースタイル。image

「彼氏の車で〜、お気に入りの曲をCDに集めて、素敵なドライブでした〜」…リスナーからのを読み上げる男子DJ。
「それ、素敵〜!彼氏の選曲が気になっちゃう〜」…読み上げる女性DJ。

恋人同士のやり取りを、楽しそうに読み上げては、そのドライブ中の雰囲気を想像しながらアップテンポに話していたのを
どぉ〜でも良い感覚で軽く聞き流しながらの運転。

…がしかし!!!!!!!!!!! 聞き捨てならぬ内容が聞こえて来たのだ!

その内容が、「最悪だったクリスマスのドライブは?」楽しさや素敵な思い出から、ガラッと変わったのだ。

「彼氏とクリスマス中にドライブしていて、煙をはいて、故障して散々だった」というリスナー内容に強烈に反応する小生。
俺の愛するボルちゃんも、1度煙を排たぜ〜!…心であの時を思い出し、少しニヤケル小生。

「ドライブ中に渋滞にハマり、ガス欠になって、レッカー車に運ばれた」…そんなミスは、俺はしないぜ!とニヤケル小生。

そんなくだりの内容を面白おかしくDJは話しているので、私も「ふんふん」と聴いていたが、ついに聞いてはならぬひと言がDJの口から出たのだ。

「一番最悪なのは、暖房が壊れ、CDも聴けない環境では、絶対にドライブなんか行きたくないぃ〜」…女性DJが言う。
image
俺のボルちゃん。今エアコンがブッツぶれており、昨年の酷暑からクーラーなし!の窓全開スタイル。
さらに、だ。CDなんぞという、贅沢嗜好品はカーステレオには付いておらず、【カセットテープ】なのだ。
【カセットテープ】で俺は曲を聴いてる訳じゃないが、【カセットテープ】を聞くことは可能なカーステレオなのだ。
もちろん、触ればCDだって、チェンジャーを取り付けて聴く事は可能なはず。

そういえば、長男が助手席に座って家族でドライブ中に「お父さん、ここに何入れるの?」だなんて、カセットテープを入れる口に指差して、たわけた事を言いやがった。(名古屋弁)
「たぁ〜けぇ〜!ここにカセットテープ入れて、曲聴くんだて!」(名古屋弁)と言ってやると、「カセットってなあに?」と発しやがる。後部座席でそのくだりを聞いていた女房は、もちろん無視。チビは、ゲームボーイ?なんか、小さなコンピューターゲームに夢中で、曲なんてどうでも良い始末。
そんな内容の話しがあったのを思い出し、女性DJが言う「一番最悪なのは、暖房が壊れ、CDも聴けない環境では、絶対にドライブなんか行きたくないぃ〜」にムッと来て、そして「CD聴けるカーステレオに変えよっかなぁ〜」と思ってしまった。
image
別に、クリスマスに「どうのこうの」ある訳じゃないんだけど、そろそろ小生の大切な「ボルちゃん」でもCDを聴ける環境にしようかなっ〜、とつい考えてしまったのであった。

ちなみに…iPhoneの曲をラジオの周波数で合わせて聴ける様にと、女房と長男がオートバックスに行き、パーツを購入してくれたのが、嬉しかった。
もちろん、長男は免許なんか持ってませんが…(笑)きっと、ラジオだけのボルちゃんでのドライブが苦痛だったのだろう…(汗

どこまで小生は、Classicなオトコなんだろうかぁ…(汗

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu