読み応え抜群!『パタゴニアのカタログ』届きました。環境問題もダイレクトに書かれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

読み応え抜群!『パタゴニアのカタログ』届きました。環境問題もダイレクトに書かれています。
img_9322
昨日自宅のポストに投函されていた冬季【パタゴニア社カタログ】これ、毎回楽しみにしているんですが、何が楽しみかって?

それは。
「読み応えのある内容と、目を見張る写真の数々」これに尽きるんですよねっ。今回の内容も再利用や再生、リサイクル行程、といった世界で年間廃棄処分されている衣類、特に今年はダウンジャケットの再利用アイテムが追加され、その製品の生産工程から詳しく書かれておりました。
img_9326
カタログの素晴らしさは、その徹底された会社の思想を実際に行動で移し、理想をカタチに変えていく術。豊かな内容のメッセージ。

例えば。
Gパンと呼ばれる、デニムジーンズの製造工程が、水質汚染に繋がることを調べ、独自の製法で染織時二酸化炭素排出量を最小限に抑える革新的な染色処理をさせた。また100%リサイクルダウンの利用価値や回収から縫製までの流れをわかりやすく解説してくれていたりしました。それらに目を通し、読み起こし考えさせられる。img_9375

当社。
(K-FLAT株式会社)の製品は現状自然界への影響はどの様になっているのか。ただ釣具を生産し、流通販売するだけの業務だけでいいのか。そんな疑問から「1% for the planet」に賛同し、行動に移しました。
こうした、少しの動きから、当社の様な小さな零細企業でも何かのアクションを起こさなければ、自然界で遊ばせてもらっている、自然界で生活させて頂いている意識が薄れてしまう。そう感じて行動することを昨年からしています。img_9324

当社など微力です。
でも微力でも「行動に移さないことよりも、行動した方が良い」と思い動いたのですが、その意識を持ち上げてくれたのは、この「パタゴニア社のカタログ」を読んでからなのです。img_9323img_8057

もう、20年近くこの「パタゴニアのカタログ」を読み続けて来ました。ダムネーションのドキュメント映画を観て、ダムの必要性がどれほどなのかを考え、自身の気持ちをブログにも書いて来ました。そんな意識になれたのもこのパタゴニア社のカタログから。

毎号。
本当に素晴らしい写真、心休まる風景、共感させられる文章、意欲を駆り立たせられるページ。どのページもワクワクしながらの楽しい一冊になっています。

昨日。
お店での出来事。「そのベスト(パタゴニア社)デザインが可愛いですよねっ。いつのデスか?」そんな声がありました。このオレンジのベスト、どうだろう、15年位前のモデルなんじゃないかなっ。そう話しながら、ベストの裏記載をチェックしてみると。
「これ、子供用のXLですねっ」思い出した。当時勤めていたWILD-1厚木店のスタッフと話していて、パタゴニアの製品が小生でもキッズのXLなら着れるから、と購入を勧めてくれたことを。img_9321(今の小生でもピッタリ)

KIDSモデルの14(XL)はかなり大きい。小生、身長169cm胸囲が100cm以上あるが、それでも十分着れるのだ。その当時からパタゴニアの服を好んで着用していたが、その方は、サイズの選び方(パタゴニア社)がイマイチ分かり難い、と言っていた。img_9339

その方の体型を見て、小生の体型と照らし合わせてHPで確認する。「これ、良いですねっ。注文したいっ」そんな流れになったのですが、パタゴニア製品って、デザインも種類も豊富でなかなか分かり難い部分もあります。そんな時は小生と一緒に検索したり、過去に着たモデルを思い出して、いくらでもサイズの接客は出来ますから。img_9376

コーヒーでも飲みながら、お店でゆっくりお話しして、古いパタゴニアのカタログをチェックしながら、釣り談義、ファッション談義する時間もなかなか面白いですよっ。

釣り(オフショア)で使えそうなものの提案もいくつも出来ますし、また永く使ってもらえる最良品なんかの話しも「モノ(ギア)の話しやウエアーの話しが既にフィールドに気持ちが向かっている」と小生は思っていますから、どんどんそんな話しもお店にしに来てみては、どうでしょうか。Weicomeです(笑)img_8058

きっと楽しい時間が過ごせられると思います。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu