【MANCHING MANIA】trans7の日本撮影に平松慶、2年ぶりに出演です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

【MANCHING MANIA】trans7の日本撮影に平松慶、2年ぶりに出演です。
img_8914
過去に10回ほどインドネシアのTV番組【MANCHING MANIA】に出演したこともあり、今回は「trans7」TV局の予算をたっぷり?(笑)使い、なんと日本での撮影をしたい、と連絡があった。

撮影時期を聞くと、10月下旬から11月頭にかけて、というじゃないか。連絡が入ったのは10月上旬。

さあ、どうしよう。
小生は迷わず「長崎の対馬でブリ、ヒラマサで撮って」とお願いしたのだが、予算をたっぷり取ったが「予算がない…」ということで、関東近郊での釣りものを選ぶ様に指示があった。

「さて、どうしよう」
ちょっと頭を悩ませる。今回日本の撮影キーワードの中に「日本らしい景色」「富士山」「お刺身」などがあった。
富士山が映り、さらに日本らしい雰囲気だと箱根か。そしてお刺身…そうだなぁ…。

「沼津だ。勘七丸で夜のタチウオだっ」先方にメールをこの様な内容で返事をしてみたら、すぐにOK。そんな流れで、ナイトゲームのタチウオゲームを撮影してもらうことになったのだ。

さて。
撮影当日。神奈川県は雨。img_8884これから夜にかけて、静岡県東部全域に激しく降る予報が出ている。「勘七丸だから」と紫芝みどりさんも参加したいと言ってくれ、小生の画像を撮ってもらうことで参加させた。

東名高速を走ると、西に向かうに連れどんどん雨が激しくなる。撮影スタッフは東京から「新幹線」と在来線で沼津港まで前日入りをして「日本らしい」景色を撮影していた。いや、その予定であった。が、この雨。

富士山は全くガスがかかり見えない。「新幹線」の映像は抑えたのだが、富士山が撮れていない。聞くと早朝に「沼津漁港」で魚市場の撮影をした様で、少しホッとしていた。でも乗船時間の16時。沼津港は土砂降り。

小生らは早めの行動でお腹が空いたので沼津港周辺でお昼ごはんを食べる。もちろん「海鮮丼」人気店は観光客が長蛇の列をなし、いつ食べられるかわからない人気ぶり。img_8895
小生は少し裏路地に入り、漁港組合の方々が食べる定食屋で安価で美味しくボリュウムガッツリの「海鮮丼」を頂いた。img_8892十分満足。img_8899
さらにレトロ雰囲気満載の喫茶店で雨がやむのを待っていたが、全く止む気配なし。img_8898それ以上に雨脚は強くなるばかり。

でも、撮影だから頑張るしか無い。
「気合い」を入れ、完璧な防寒対策で乗船場所に向かう。撮影スタッフはすでに待っていてくれていた。が、しかし。

メールのやり取りであれほど「寒いから、暖かい服装で」と伝えたのに、薄いトレーナーに薄いレインスーツ。あっちゃぁ…それじゃあ、寒いから。と小生のウエアーを渡すのだが「大丈夫」と。

雨に打たれてどんどん寒くなるよ。
「フジャン!フジャン!!マラン、ディンギン!」※「雨!雨!!夜、寒い」
と伝えても…。
「バイクラ!バイクラ!!」※「大丈夫!大丈夫!!」

まあ、そこまで言っても「バイクラ!」ならいいか。でも本音かなり心配…。

そんなやり取りをして乗船。img_8902船は千本浜沖がポイント。「沖」といっても岸の景色がしっかり見える距離。水深が60m前後で暗くなる頃からタチウオが食い出すから、と芹沢潤二船長。img_8903

まだ他のタチウオ狙いの船は来ていない。アンカーを降ろし、日が沈むまでゆっくりする。本来ならこのタイミングで「富士山」が沖から撮影出来たのだろうが、見事に何も見えない。

小生、タチウオタックルで少し遊んでみると、アジやサバなどが釣れ、それなりに面白い。辺りが暗くなるのに合わせて、雨も強くなり始めている。しかし、エサ釣りのアングラーはタチウオが食い出したので、インドネシア人カメラマンも動かざるを得ない。

実は、寒くて寒くて、キャビンで縮こまっていた撮影スタッフ。全然「バイクラ〜!」ではない(笑)可哀想だ。

雨が本格的に降り出した。
そして、タチウオが本格的に食い始めた。これ、最悪なパターン。小生も撥水効果の効かなくなった防寒着で寒さは全く無いのだが、雨が嫌で、嫌で(涙)
雨が浸透してこないので、まだ頑張れるのだが、きっとインドネシア人スタッフ3人は雨との戦いもしていたに違いない。
img_8907
タチウオは19時頃から食い始め、横でジグをしゃくる紫芝みどりさんがなぜか「一人勝ち」をしてくれる。
「ほらっ、また食った」を連発させ、小生をあおる様に次々とタチウオを抜き上げる。小生、外道が連発する中、ひとり彼女だけがタチウオをキャッチしていった。img_8909

それでも撮影の絵になる程度は小生もタチウオをキャッチし、あまりの激しい雨なので22時頃には帰港となりました。img_8911

翌日。
撮影スタッフは「富士山」他まだ撮影のため、沼津市内に残り、日を一日置いて、Goldicに撮影しに来てくれました。img_8945

「寒かったでしょ?」と聞くと「寒かった!」と。本当にインドネシアからわざわざ撮影しに来て下さり、感謝です。img_8951
でも、もう少し時期や釣りものをしっかり計画して来て欲しかったなぁ。
彼らはお店の撮影後、東京湾でシーバスを撮影して帰国するとのこと。お疲れさまでした。

なお、trans7チャンネル【MANCHING MANIA】の放送は日本国内での放送はありません。img_8952YouTube等に上がった際はまたお知らせ致しますね。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu