オフショアスプーン【Ketigaシリーズ】今期分が入荷いたしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

オフショアスプーン【Ketigaシリーズ】今期分が入荷いたしました。

長らく欠品が続いており、本当にご迷惑をお掛けしておりました。
今月末に今期分の「Ketiga27.37g」が入荷致しました。まだパッキンは出来ておりませんが、53gも入荷して来ております。こちらも猛スピードでパッキンし、バーコードシールを貼って商品出荷していきます。

このタイミングで当社のメールにお客様から「Ketiga 27g」の釣果報告をいただきました。
物凄く嬉しいです。
下記の内容にてご連絡をいただきましたので、掲載させてもらいました。

ただ、お客様のお名前は★★様に変更させてもらっております。

K-FLAT株式会社
平松慶 様

はじめまして、神奈川在住の会社員です。
この3連休は長崎県は対馬に遠征し、ボートからの青物・根魚の釣りをしてきました。

最終日、飛行機の関係で午前だけのヒラマサ狙い。中層にポツポツと反応はあるものの、トップ、ジギングともにアタリなし。
仲間もお手上げ状態の中、自分らコッソリとタックルボックスに忍ばせたketiga 27gをキャスト。
中層よりも深く沈め、斜めに引いてくると、ガツンとヒラマサ(約65cm)が食ってきました。
潮が悪くその日は船中たった1匹でしたが、狙って釣った価値ある1匹になりました。

学生時代に過ごした瀬戸内海でのキャスティングでも、ketigaで良い思いをさせて頂きました。

これからも素晴らしい製品を宜しくお願い申し上げます。

会社員こと、★★。

シルエットが小さく天然素材が貼られた、フォールと飛距離重視のオフショアスプーン「Ketiga」シリーズ。

リリース時は、本当に笑われたりもしました。しかし、今ではしっかりと定着したオフショアでのスプーン攻略。
これは、最初にリリースしたモノの喜びです。
やっと認知されて来たのだなっと実感しております。

今回、ほぼフルカラーで入荷しており、これからのオフショアシーズンにまちがいなく活躍するルアーです。

ここで、Ketigaの効果的な使い方をご紹介。

★★様のように、「魚を居るのがわかっているが、口を使わない状況」時。
口を使わない理由はいくつかあると思います。
●潮が動いていない。
●ベイトが小さい。
●水温が魚の適正水温ではない。…etc

こういった状況は、小生も何度も経験してきました。そして、術としてベイトを意識してルアーのサイズを下げたり、カラーを変えたりしてきましたが、なかなか上手くターゲットをキャッチするまでにはいたらなかった苦い思い出があります。
「シェル」天然素材が持つ、集魚効果は、ライブベイト(生き餌、もしくはエサ)の次にもしかしたら効果があるのでは!と想像してしまうほど。
スプーンはの特徴
「フォール(沈下)スピードが遅く、さらに背を大きく揺らしながらのアピール力が最高に大きい」のが特徴です。

落ちていくものへの反応は、フィッシュイーターだけでなく、魚類には相当な興味を示す効果があります。
これをキーポイントにしている「Ketiga」は口をなかなか使わない低活性時の状況で効果を生んでくれるのです。

メタルジグだけでなく、プラグだけでなく、オフショアスプーンの効果を是非、このシーズンはお試ししてみてはいかがでしょうか。
きっとフィッシングシーンも広くなり、考え方も大きく変わると思いますよっ。

Ketiga 27g 税込み¥1188-

Ketiga 37g 税込み¥1404-

本日、ほぼカラーも揃い、さらに新色も追加(No.9ブラックシェル)してリリースです。
※ネットショップには新色のUPを早急に致します。暫くお待ち下さい。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu