【キャスティングで狙うカツオ、メジ‼️】アルモミスのジグミノーなら一撃❗️

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【キャスティングで狙うカツオ、メジ‼️】アルモミスのジグミノーなら一撃❗️

戻りカツオが面白い季節ですよねっ。
この時期からの楽しみと言えば、カツオに混じり、キメジなどもイワシを食い上げて水面を炸裂させています。7月下旬から相模湾でもかなり口を使い始め駿河湾でも今絶好調。

台風が通過した後はさらに海水がかき回されてプランクトンをイワシが激しく捕食し、それを追って、カツオ、キメジのテンションがあがるのです。

こんな時、今までであれば、小さなメタルジグをキャストしたりするのがスタイルでしたが、アルモミスのジグミノーなら飛距離も抜群に出て、さらに沈下速度が遅く、カツオやキメジへのアピール力も多くなる。

そして、何がこのジグミノーの凄いところかと言えば、フォール時に水平姿勢でボディーを左右に揺らしながらゆっくりと落ちていく。コレが絶対的なスゴさなのです。

【アルモミス ジグミノー9cm 45g】http://goldic.shop-pro.jp/?pid=133352000

【アルモミス ジグミノー11cm 58g】http://goldic.shop-pro.jp/?pid=92007109

カツオやキメジ(マグロ類)の捕食スタイルは、イワシを周りから囲む様に追いやり、そして1尾を激しく群れから叩く様に突っ込んで追い上げることでイワシの団子が水面で散け、一斉にカツオが口を使い始めます。

落ちていく姿勢は一度イワシをボディーアタックして脳しんとうの様な状況にさせて、沈ませていく。

その時に捕食するのがマグロ類。カツオはスピードで追回し、徹底的な瞬で口を使うスタイルになります。

だから、イワシ団子、サメ付き団子、等に遭遇した際、水面直下でスキッピングさせる様な誘いで付いて来るのがカツオ、カーブフォールでカウントダウンさせてフォールで狙う場合はほのマグロ類となります。

そのどちらの動きにも対応するのがこの【アルモミス ジグミノー】です。

サイズは2種類。超リアルボディーで「マッチ ザ ベイト」を意識し、これから秋に繋がるオフショアゲームを楽しんで下さい。
http://goldic.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=869719&csid=12

年間でも数回しか生産されない【アルモミス ジグミノー】これからの時期が一番の活躍シーズンとなるでしょう。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu