【近隣地区柔道指導者の集い】今年冬は、町田駅「とりのすけ」にて開催。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

【近隣地区柔道指導者の集い】今年冬は、町田駅「とりのすけ」にて開催。

かれこれ、4度目?いや5度目ともなった「近隣地区柔道指導者の集い」

中体連、高体連、道場連盟、等の括りを外し練習交流の場や情報交換、スカウトや進路、と言った部分まで繋がれば…と宮本功三先生と飲んで話す時に出てきた考えで、それが実現し年に春季、秋~冬季と開催する様になったのです。

過去には遠くは小田原から足を運んで下さる先生もあり、普段であれば接点が持ちにくい違う地区や、生徒の年齢などで重ならない指導者同士が結びつく、そんな場になってもらいたかったのです。

町田駅は横浜方面からも、相模原方面からもアクセスがよく、駅前で我々がよく馴染んだ店を選択した。柔道指導者。やはりよく飲み、食べる。そのイメージは、まさにイメージ通りなのでその部分だけはブレない様にお店を選出し、後に間違いなかった、と思えてホッとしたのであった。

午後6時に集合。5時半にはお店に小生と宮本功三先生が先に待ち、やって来られた先生方を店内に導く。光明学園の藍里先生が最初から手伝って下さり、集金までやってくださった。最初から感謝である。

宮本功三先生からの合図で開始6時に無事『乾杯‼️』が出来、先生方はお酒の量と共に場に馴染んでくださった。

この日の会は、3時間。午前中にガッツリ八王子で練習して来られた先生や、試合に出場しその足で来てくださった先生もいらっしゃった。
生ビールの消費スピードは、まさに風邪予防のうがいの如くどんどん口に入っていく。このペースであっという間に1時間経過し、席を変え乾杯して下さり、柔道ネタで盛り上がって下さっていた。

あるテーブルでは中体連の現状を伝え、高体連の先生からの意見が出る。道場連盟では、と少年が中心となる話であるが現場の様子を例えて話しがまた盛り上がる、そんな場面が印象的でありました。3時間一本勝負のコースで、ラストオーダーとなる20分前までガッツリ飲み、楽しくお開きとなりました。

それから3週間後。
あるSNSを見ていたら、それまで先生同士は繋がっていても柔道の接点まではなかった合同練習会が行われていました。

もしかして、この場で話が盛り上がり、練習会になったのかなっ、とひとり思ったりもして、こうした飲み会が無駄ではなかったのだ、と嬉しくもありました。また次回は春に予定したいと思っております。

そして、貴重なお時間をさいて来て下さった柔道指導者の先生方に感謝ばかりです。ありがとうございました。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu