【検査結果を聞いた帰りは、横浜サンマー麺で元気を】異常なしで気持ちもホッと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【検査結果を聞いた帰りは、横浜サンマー麺で元気を】異常なしで気持ちもホッと。


今日は3週間に分けて行われた、毎年恒例のガン検査とそれに合わせての成人病検査結果を聞きにいく日であった。
オンラインショップ
主治医先生の問診予約を朝一番に予約していたので自宅を出たのは7時。問診予約は8時半でとっていたんですが、コロナウィルス拡散防止策の影響ですか、とにかく車が少ない。

都心向け246号線はこの時間は激混みの毎度なのだが、本当に車の数も少なくて昭和大学藤が丘病院病院に予約時間の30分も前に到着。あまり病院内に居たくなかったので駐車場で時間を潰し、予約時間ちょっと前に受診科にいくと速攻で主治医先生に呼ばれた。

先生曰く「あまり院内に居ても、ね。もう始めちゃいましょう」と言ってくれた。これも感染拡大を防ぐ策なのだろうね。

ガンの結果は異常なし。そして高額での検査以上にお願いしている健康診断的受診も問題なし。「尿酸値が少し高いので、運動量と水分摂取を心がけてくださいね。肝臓に負担かけないように」と言ってもらい、また来年まで病院通いをしなくてよくなったのだっ。本当にホッとしたよ。

お会計をすませて、自宅へと戻る。帰りの道も本当に空いていて「これが平日午前中の246号線?」と思ってしまう。

行きも帰りも交通量が少なくなっている幹線道路に驚き帰宅。次男が自宅待機で学校が休みになっているので中2とはいえ、放ったらかしにはできない。

規則正しい生活をさせないと、学校復帰した時にめちゃくちゃになってしまう。だから練習分のランニング、自重加圧トレーニング等はしているようなのだが「話相手」になってあげる事が重要だと思っているのでたわいもない話をしながら自宅の掃除をした。

「話し相手」はこれから始まる【中2病】を直前にして、すでにその兆しが見え隠れしてきており、その度に私に指摘されては、イライラした顔をしているので、普段から「話し慣れておく」事が重要だと思い、長男とはしなかった会話を大切に取るようにしている。

猛烈な「反抗期」時期の中2病。エネルギーはありあまり、常にイライラしギラギラしている時期。私もその時を通過してきたのでわかるが、何をしていてもムカつくし、抵抗したいし、反抗することが当然な考えを持ってしまう年頃。だからなるべく話すようにしたいし、出かけるようにしておきたい。

コロナ拡散防止策の今時期、ある意味次男と接する時間がチャンスの時間だと割り切り、ポジティブな見方で接するようにしており、午前中を一緒に過ごしたのである。

「お父さん、お腹空かない?」確かにお昼。そろそろ昼ごはんでしょ、と言い出し、さて何を作ろうかと考えていたのだが、それならば、と。

「よっしゃ、めっちゃ美味しい中華屋連れていくよ。ほら、中福楼!」に次男もニンマリ。

中福楼は次男もお気に入りのようで、中学生仲間同士でも食べに言っているようでいわゆるガテン系さんが好む、味がしっかりとしたガッツリ盛り系の中華屋さん。

二人はランチへと向かう。暖簾をくぐり、中に入るとやはりガテン系のおっさんが結構入っており、次男はちょいビビり気味。焼肉定食を次男が頼み、私はいつもの「サンマー麺」

じっと待つこと15分。相席、相席、でどんどん人が入ってくる。このご時世でこれほど人が入ってくるお店はやっぱり人気店なのでしょうね。並ぶほどの人気ぶり。

先に次男の焼肉定食が配膳され、私は待つ。そして遅れて配膳されてきた。旨そうなトロみバッチリの「サンマー麺」。普通盛りで十分な量。お野菜がたっぷりだから食べ応え十分。次男と二人、黙々と食べ続ける。

焼肉定食も相当に普通盛りで注文しているのに大盛りで羨ましく感じたが、私のサンマー麺も多くて、これぐらいで良い。大盛りグセを直さないと太るばっかりだし、柔道する時間も少ないので体重だけでなく脂肪肝等も心配になる。だから大盛りを我慢して少しきつめのズボンを穿いて外食するようにしている。

次男、私、共に完食。食べ終わり満腹。満足、大喜び。二人してお腹を押さえ、満腹感の表現をしてお店を出たのであった。

午前中も恐怖の病院での検査結果受診が終わり、それから満足を求めて「中福楼」へ、ここでも大満足を得て、今日の午前中は嬉し楽し、大好きな時間でありました。さあ、午後からガッツリと仕事頑張ります。

早くコロナウィルス消息に近付いて欲しいよなっ。そう強く思うのでありました。
パタゴニア
◉中福楼→https://tabelog.com/kanagawa/A1407/A140703/14016719/

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu