【大好きな花「プルメリア」新たな展開に‼️】釣り大先輩より挿木を頂きました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

【大好きな花「プルメリア」新たな展開に‼️】釣り大先輩より挿木を頂きました。

パタゴニア Photo: Jeff Johnson

4年前から大切に育てているプルメリア。細い幹に咲いたプルメリアの鉢をいただき、それを育てているのですが、まぁ色々学ばせてもらいました。

現在も育てながらプルメリア栽植を学んでは、わからない事はプロショップ(花屋)さんに通い越冬のさせ方や鉢を外に出すタイミング、鉢替え時に使う肥料や土、などその都度の適正対応を教えて頂き育てています。

初年度から2年間は一度も花が咲かず、プルメリアは開花は無いのか?と本気で悩んだりした程。

プルメリアの成長を柔道の生徒と重ね合わせて愛情を注いだりしながらSNS更新したりした年もありました。育てながら学ぶのはとても面白い。

愛情があるから台風時や、私の遠征、ロケで留守時の水やりなども家族に頼んで対応してもらい、ホント私の宝物。昨年度、これ迄にない「花芽」が出てSNSにて仲間達に確認したところ、間違いなく遂に念願の開花までたどり着きました。

そこからは、どんどん幹も太くなり、根は鉢全体にビッシリと張り丈夫に育ってくれました。

年を迎えたタイミングで春に鉢の植え替えをやっていますが、今年の鉢が自持ち出来るサイズのラストだろうと思っています。これ以上大きな鉢になれば、まず51歳のジジイでは持てないだろうし長男に移動を頼むしかないだろうなっ。

今年5月に鉢替えして直ぐにたくさんの「花芽」が出てきました。いくつも蕾みがあり、開花が待ち遠しい現状。今年も花を開いてくれ、夏の楽しみにしてくれるのでしょうね。

SNSでプルメリア成長記を綴ってきて、釣りをされる方なら皆さんご存知の釣り業界大先輩「古谷秀之先輩」から2本のプルメリア挿し木を送っていただきました。

古谷大先輩からの連絡にまず喜び、そしてプルメリアの栽培も教えて頂ける事が更に嬉しかったです。

挿し木は丁寧な梱包で送って下さり、中にはしっかりした2本の幹。私はこれまでプルメリア鉢植えで使ってきた歴代の植木鉢を使い、培養土を入れて鉢植え完了。

最初に手にした開花されたプルメリアと同じくらいのサイズ。この2鉢は釣り大先輩からのプレゼントだから絶対に開花させてみたい。

今年から何年先になるかわからないけど、今育てているプルメリアと同じ愛情を注ぎ、大切に育てていきます。

私はこの2鉢の幹に付けた花の色は知りません。古谷大先輩からも知っていても聞かされてはいません。花芽を付け、開花した時の感動を楽しみに育てるのが喜びであり、先輩への「感謝」になると思っています。

花屋さんに通ってプルメリアの栽培を聞き、毎年の楽しみを続けています。

花の事は花屋さんに聞く。そのプロショップ独自の育て方などを持っていて、やはりプロショップの凄さを感じます。釣具やサーフショップもそうですよね。プロから聞くテクニックや道具の使い方、メンテナンス…など、経験の深いプロだからこそ聞かせてくれる嗜好の喜び方を知っています。

大阪の老舗プロショップ「ヘッド&テイル」で学ぶ釣りテクニック、Goldicもそうですが「餅は餅屋」。プロショップの素晴らしさもぜひ一度見直してみてはどうでしょうか。

私はプロショップの花屋さんに通ってプルメリアの栽培が楽しくて仕方がない毎日です。釣り好きの方々、どうぞプロショップへ。

今年のプルメリア成長記、Facebook等でどんどん更新していきますね。
パタゴニア

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu