【パタゴニア・スタンドアップ・ショーツ】短パン好き。モデル新たに、短足奪回❗️

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5

【パタゴニア・スタンドアップ・ショーツ】短パン好き。モデル新たに、短足奪回❗️

パタゴニアの《スタンドアップ・ショーツ》もう20年以上穿き続けてきましたが、この度北海道行脚時に新たに新調しちゃいました。

近年、「夏と短パン」#キーワードと言うと「バギーズパンツ」が主流の私。ランニング時も、トレーニング時も、旅先のゆったりした時間や飲みに行く場面、もちろんロケ時などもほぼ「バギーズパンツ」を穿いてきました。

パタゴニア公式サイト メンズ・スタンドアップ・ショーツ 7インチ

「バギーズパンツ5インチ」の最高なる特徴はやはり「ノーパン・ブラブラで穿けて、丈が短い」が特徴。子デブ短足豚マッチョな体型の私はなかなかウエストに合わせたインチから計算される7インチのおパンツ丈は長くて膝上ギリの感じになってしまう。

太腿が露出出来ない丈の長さだから、見た目かなぁ〜り短足アンちゃんになってしまうのだ。だから、着丈の短い「バギーズパンツ」は5インチと言うキャン玉スレスレでありながら、アンダーにメッシュパンツが取り付けられ蒸れても濡れてもご安心パターンなので子デブ短足豚マッチョな体型の私には無くてはならないパンツに位置付けしちゃって来たのだ。

それを偶然にも、新しい【スタンドアップ・ショーツ】が陳列されている姿をみて、堪らなく試着しちゃった、と言う訳だ。

そもそも【スタンダップ・パンツ】名称の由来は「生地がしっかりしていて、パンツが立つ」畳んだ時にも丈夫な生地で作られているので立つ程なのだ、と言う由来がある。

パタゴニア公式サイト メンズ・スタンドアップ・ショーツ 7インチ

1990年代後半から私は好んで「スタンドアップ・パンツ」を穿いていた。当時は短パンでも膝が少し出るくらいでファッション的には大丈夫だった(はず)からこの年代の【スタンドアップ・パンツ】は同じ色でサイズ前後のモノを3着も持っている。

今よりも海外進出が頻繁であった当時、パンツの生地力は重要であった。オーストラリアやニューカレドニア 、インドネシアにマレーシア、と様々な国の移動はA/Cシャツに【スタンドアップ・パンツ】が定番。襟付きシャツに短パンでもシューズを着用すれば、それなりの身なりになる。

ニューカレドニアだったかな、襟付きシャツをイン(パンツの中に入れる)してフォーマルを装いディナータイムを楽しんだ思い出もあった。

身なりが特に海外では黄色い我々アジア人にはハス角度からの見方が当たり前であり、例えば3万円クラスの丈夫なゴム製腕時計とロレックスとでは当たり前に扱いが違う。はっきりと「わっ、区別されてるよなっ」と言うヘイト的扱いは否めない。

パタゴニア Photo: Jeff Johnson

しかし、髭を整え、襟付きシャツに【スタンドアップ・パンツ】に上衣の裾を入れてベルトをして靴下、シューズがあれば、まあ南太平洋リゾートエリアの高級店なら大丈夫であった。だから3着。旅先には必ず2着は持参していたお気に入りのパンツであったのです。

北海道行脚時は51歳を直前に。短パンは私のスタイルであるが、近年膝が隠れる様な長い【スタンドアップ・パンツ】は見た目がキモく感じていた。だから、試着し今のモデルを穿いてみて納得すれば、即入手と決めていたのだ。

さっそく試着させてもらう。普段はこういったチノパンパターンのパンツは34インチの体型だけど、33インチか更に頑張って32インチを試着する。ひと回り小さいサイズを選ぶ様に、とはファッションにうるさい長男からの御達し。

だから32インチから穿いてみたが、流石に腹回りが辛かったので、33インチ。ドンピシャで太腿パーン‼️開放感抜群、しゃがんでも生地力最強。

子デブ短足豚マッチョな体型の私にとって、これ以上の物はない。即入手となったのでした。

パタゴニア公式サイト メンズ・スタンドアップ・ショーツ 7インチ

あらためてSP20(2020年)の【スタンドアップ・パンツ】とS0(2000年)の旧モデルを見比べてみると、まあまあ変化も大きい。まずは同じインチでこれだけ又幅も含めて足丈が違う。フロントボタンは金属のパーツに変わっている。

そして最大なる変化の特徴はお尻ポケットへの拘り。ポケットのカットの違い、クローズ開閉のマジックテープ、更にはハンカチポッケでなくシークレットポケットまで備え付けられている。

長財布をお尻に剥き出しで指しての移動は好まないが、現金を小さく折畳み、シークレットポケットに忍ばせていくのば、「ヨイチクリ」(酔っ払い)の私にとって最高かも。

とりあえず、今回は1着入手した。これからタイミングをみて、2着、更には3着と入手し、身体に馴染んだ状態を作り上げて秋からの旅に活用したい。

Newデザインの【スタンドアップ・パンツ】めっちゃお気に入りです。
パタゴニア

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu