【秋季柔道指導者講習会】県立武道館まで行ったものの…右足負傷にツラい小生。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

【秋季柔道指導者講習会】県立武道館まで行ったものの…右足負傷にツラい小生。


朝起きて、右膝はやはり激痛…。
「だめだ、歩けない」神奈川県立武道館まで公共の乗り物を使っていつも通っているのだが、歩けないのだ。階段などまず無理。困ったぞ。
しかし、柔道の指導者講習や審判のライセンスは点数制となり、受講して点数を持っていないと更新が出来なくなる。

「勉強する」ことへの意欲はあるのだが、会場となる県武まで向かうのが本当にツラい。「車でいくよ」幸い、右足は元気なのでアクセル、ブレーキは踏める。ただ、車へのの乗り降りがキツいのだが、そうも言ってられないのだ。
指導者講習会は午前中だったので、仕事の荷物も車に積み(女房に積んでもらい)いざ県立武道館へ。

今回の【秋季柔道指導者講習会】守安由充先生の講習で、楽しみであった。
全日本女子の指導をされており、最前線での指導をどの様にされているのか、とても興味が有った。9時から受付となり、8時には県武に着いていたので駐車場からゆっくりと歩き、道場で柔道衣に着替えて受付を済ます。

「柔道衣着用だけど、今日は動けないな…」
正直、頭を悩ませていた。しかし、講習内容で柔道の動きをしなくてはならず、困ったのだが、仕方ない。守安由充先生の講習内容に引き込まれながら、少し痛みも忘れての講習会。

いくつかのお話しも終わり、トイレ休憩。そして…。
「次からは、練習前の遊びを入れたアップや打ち込みの動作を…」と。「3人打ち込みのバランスを取ったカタチを作るやり方…」これ、正直かなり興味が有った。

身体で覚えたかったのだが、まず打ち込みなど出来る身体(左足)ではない。
しかし、その流れで「ケンカ四つの3人打ち込み」に動作が流れ、回りには高体連の気の知れた先生方がいらっしゃったので、そこに混ぜてもらう事にした。

「平松さん、(左膝)やっちゃったんですねっ」Facebookに動画を更新したのを観ていたY先生が笑いながら言う。
引きずる足を見て笑いながらケンカ四つの姿勢での3人打ち込みを試そうとしてくるではないかっ。

いや、右膝に大外刈りの足が飛んで来た。
「ギャァ〜!」激痛がまた走った…(汗)Y先生は笑いながら「すみません」と言うのだが、もう身体中に電気が走る程の痛さに耐えるだけの小生。

「平松さんも、やりますか(技を掛けますか)」ってふざけて言うY先生。もちろん、そんなこと出来るはずも無い。

「治ったら、覚えとけよぉ〜」とふざけて言いたかったが、治っても太刀打ち出来ないY先生だけに冷や汗満開の小生であった(笑)

せっかくの指導者講習会だったのだが、小生のちょっとしたミスから指導動作が中途半端でしか学べず、本当に悔しい。その分、動画をしっかりと撮影してきたので、膝が治ったら次男相手に今回講習を受けた打ち込みやアップ方法などをもう一度お浚いし、柔道指導に努めていきたいと思っています。

12時過ぎに講習会も終わり、急いでお店へ。お店でもアイシングは欠かさず行ない、痛みは少しずつ軽減して来た感があったが、長引く様な兆しもあり、困った怪我であります。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu