【炎の乱取り祭り】GW最終日の柔道稽古

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

【炎の乱取り祭り】
GWの最終日。この日はお休みを頂いて、朝から八王子へ。そう、大好きな乱取り稽古があり、前夜の原道場稽古もそこそこにして、体調を整えたのだ。
image
本当はこの日は午後から審判講習会があり、ライセンス更新もあったので参加出来なかったのだが、開始時間を早めてくれ、行ける事になったのだ。
県立武道館で審判講習会が終わったら、座間市柔道協会のミーティングもあったが、まずは1番の楽しみである【炎の乱取り祭り】だ。
ぶっ倒れるまで乱取りをする。それが毎回の目標。終わったら、白紙になるが、それも最高。
真っ白になるまで燃え尽きて、日常のストレスを発散する。この乱取り祭りの主旨を完うしてるのだ(笑)
image
そして。
今回は何と、大阪からウッチーこと内村直也監督も参戦。ウッチーが来る、とわかり、直ぐに光明学園のヤマーキー監督も誘い、いざ。

いつもより早い開始時間だったので、ローカルな相模線のアクセスもよく、30分も前に道場に到着。
既に、内村直也監督、ヤマーキー監督が到着しており、宮本功三先生もヤル気満々。

「慶ちゃん、おはよう〜。今日もぶっ倒れるまでやろうね!」
功ちゃんからの言葉になぜかワクワク。
開始時間が迫る事に、どんどん【柔道大馬鹿野郎様】達がやってくる。
皆、学生時代はインターハイやインカレなどで活躍した猛者。この歳でも柔道を楽しめる環境を与えてくれる宮本功三先生にとにかく頭が下がる。
image
小学生から、オッさんまで、みんなで柔道を楽しむ場。ある方がこんな事を言った。
「まるで、公園の様にみんなが柔道を楽しんでいたよ」
素敵な光景だったんだなっと、その言葉からも強く伝わる。

4分×23本。巨大エアコンは暖房を2基ともMAX。乱取り前のUPから、汗が額を伝わる。
私は、18本ほど乱取りをさせて頂いた。後半は、いつも通り愛?のある「オヤジ狩り」に日本工学院の学生、OB、OGから食らったが、最高の稽古だった。
《小生と博也君との乱取り動画は、こちら》
尊敬する宮本兄先生にも、稽古を付けて頂いた。ウッチーとも、ウッチーの教え子のヒロヤとも乱取りが出来た。
特にヒロヤは動く重量級なので海外の選手を意識して稽古が出来る。
おっそろしいパワーで息ひとつ切れずにガンガン向かって来てくれるので、とても勉強になる。
image
ヤマーキー監督は、功三先生、ウッチー監督、ヒロヤ等々、メッチャ乱取りを楽しんでいたし、ヤマーキー監督だけでなく、全員が必死に真剣に柔道を楽しんでいた。

私は、県武に向かう電車の時間が迫り、最後の全員挨拶が出来なかったが、「やり切った感」満載で今回の【炎の乱取り祭り】を終えた。

次の乱取り祭りは、5月22日。今週末だ。しっかりと体調管理をしておかないとなっ。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu