【今年もオホーツク海《紋別》へ】Goldicイベントでツアー出発。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

【今年もオホーツク海《紋別》へ】Goldicイベントでツアー出発。


ブリを求めて『Goldicの愉快な仲間たち』は今年夏の巡業は北海道、紋別市。昨年は同じオホーツク海でも北見エリアに宿泊し、うとろ湖畔からの出船で網走沖周辺までを狙うスケジュールで楽しんで来た。しかし、今年は更にフィールドを広げるためにマルタケ伊藤釣具店様の伊藤店長にお願いして紋別沖でのブリジギングを展開したかった。

一年かけ、両者の思いをカタチにして今回『Goldicの愉快な仲間たち』と一緒に向かう事が出来たのだ。

紋別沖でのブリジギングをわかりやすく説明すると…特別な瀬があるわけでもなく、魚種や沈船などが連なる事もない。

基本、沖の潮目に溜まるベイトに付く回遊型ブリをシーアンカーでジワジワと流しながら狙うスタイルなのだ。
しかし、このスタイルが小生昨年に体験し、とても気に入ったのでこれからしばらくは通いつめてみたいと思ったのだ。
シーアンカーを潮目に入れ、ジワジワと流す。これは回遊型ブリを狙うスタイルであってもいくつかのテクニックが必要となる。
船でブリの反応を追い回し、そこにジグを落として食わすスタイルとは全く違う。シーアンカーでのアプローチはしっかりとメタルジグを動かし、ブリの回遊層を読み当て、その層でどの様なアクションやジグポジションをさせないといけないか、がメチャンコ面白いのだ。

頭を使うジギング。
エンジンを切り、潮目にシーアンカーが絡む様に流れ静寂の中でブリを狙う。ブリと混成しているのはマフグであり、ジグアクションやスピードを間違えると見事な程にフグの餌食となる。これが楽しすぎであり、神奈川の仲間たちにも体験してもらいたかったのだ。

小生らが生活する環境で『ブリ』というターゲットはそれ程難易度があるわけでもない。それこそ九州や山陰、北陸にでも行けば、ブリは言葉が悪いが飽きる程釣れる場合もある。関東圏内でも、時期が合えば決して難しい対象魚ではない。

ではなぜ、飛行機にまで乗り北海道でブリを狙うのか…。
それは北海道の方々に接して人柄に惚れ、それが仲間を繋げてこうして毎年のイベントになっている。朝起きたら、冷やっとする当たり前の北海道での気候に喜び、日中は都心を超える灼熱な太陽の光。

夜は美味い肉、魚、野菜、笑い、語り、酔い、で楽しみ終わらない夜に誰もが喜ぶ。
そんなスタイルが『Goldicの愉快な仲間たち』みんなが楽しみにしてくれており、受け入れの現地仲間達に【感謝】であるのだ。

今回のブリ実釣は、全く回遊がなかったから釣果はゼロ。しかし、みんな各々楽しむ姿が見られ、そしてまた来年もこの紋別沖に入る約束が出来たのだ。

羽田空港から空路1時間30分。紋別空港から宿泊先となるホテルまで車で10分。ホテルからマルタケ伊藤釣具店まで徒歩1分。ホテルから晩御飯先まで徒歩10分以内。ホテルから港まで徒歩2分。ホテルからジギング乗船場まで車で7分。

これだけこじんまりと纏まり、アクセスもよい環境はそう他ではないと思うんだよなっ。
今年はブリの回遊がまだであった。来年は8月頭頃を予定してスケジュールを組もうと考えたい。楽しみは、また来年に繋がるのだなって今から思っているのである。

ジギング船《M》鈴木誠船長、ありがとうございました。船上でのノンアルに毛ガニはオホーツク海沖で最高でした。
またマルタケ伊藤釣具店の伊藤店長はじめ、現地の仲間の皆さん、たくさんのご配慮ありがとうございました。

必ずまた来年もお邪魔させて頂きますね。ブリは釣れなかったけど、楽しい時間を過ごせました。

《オホーツク海 関連記事》【オホーツク海の魅力に迫る!】新天地「紋別」。新たなるフィールドで学ぶ喜び。https://kei-hiramatsu.com/2017/08/10/post-11496/

余談ですが、小生が大好きな方が行きの紋別便で搭乗されており、ご迷惑だと思いながらも声をかけさせて頂き、お話しをさせて頂きました。
ご存知「吉田類の酒場放浪記」撮影で紋別に入られたそうです。
この番組は小生、大好きでファンであったので、嬉しい一瞬でありました。

《吉田類 関連記事》【吉田類の酒場放浪記が好き】https://kei-hiramatsu.com/2016/05/24/post-6433/

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu