【2019年もバギーズパンツにドップリ‼️】快適さを一度履知ったらヤメれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

【2019年もバギーズパンツにドップリと‼️】快適さを一度履知ったらヤメられない。

今年も3着「バギーズパンツ」を新調してしまった…。昨年は「バギーズパンツ」の強烈なるブーム?でメーカー在庫はほぼなし、更にはネットオークション等でプレミアム価格での転売等も行われ、入手はまず無理な状況が続いたほどの人気ぶりであった…。

それを知っていたので今年は早々に柄モノを選んで入手。

また5インチの短いタイプは私が選ぶ通常のサイズがSサイズであり、少し緩く選ぶならMサイズ、気合い入れてぱっつんぱっつんで着用するならば、XSでも大丈夫なのだ。

これは柄によってと上に着るシャツによってサイズ(使い分けで柄を選んだ)の違いをつけてみたのだ。
単色の薄い色は爽やかにXSで昭和な海水パンツみたく着こなしてみたり、パープルなどは重たく仕様したかったので敢えてMサイズを選んで着用している。
また海での仕事(船での仕事)が一番着用する際に気を使うので、何着か所有しておき、穿いて新品感を消すようにしたかった。

パタゴニア公式サイト メンズ・バギーズ・ショーツ ハイキング Parrots: Stone Blue
※こちらからお買い求めいただけます。

そんなこんなで増えていった「バギーズパンツ」。日常生活での着用は「ノーパン」で着用している。

これはメッシュのサポートパンツが「バギーズパンツ」内に仕組まれており、いわゆるオチ●チンがブラブラせず安定を保ち、更に通気性を良くしてくれるのでこの梅雨時期から残暑が厳しい秋口まで本当に重宝するのだ。

釣り場での着用だけでは勿体無い。私は寝る時も日常生活(街着用時)も海の上(船上)でも完全にノーパン。

昨年旅したインドネシア〜バリ島はほぼ四六時中、このバギーズパンツで生活したほど。

突然のスコールが降られて濡れてもすぐに乾く。観光や買い物から戻り、プールにそのまま飛び込めれる。そのまま動いていればすぐに乾くし、シャワールームに行けば、それを脱いでボディーシャンプーで一緒にウォッシュ。

変えのバギーズパンツに穿き替えて一枚は乾かし、その穿き替えたもので翌日までまた生活が始まる、というとんでもなく便利で安易で簡単で涼しく快適で気持ちの良いのが「バギーズパンツ」であるので。

単色はブラック、パープル、ピンク、水色、で柄モノもいくつか入手した。たまに次男が着用している。
長男は大阪のパタゴニアで自身が気に入ったものを選んでいると聞く。

我が家の男性は皆「バギーズパンツ」御用達なのだ。サイズ感が服装でどうにも変化できる、と先ほど綴ったのだが、これ本当にそうであり様々な場面で使えちゃうのが嬉しい。

夏場のパンツの蒸れってすごく私は嫌い。太っているからというのも理由のひとつだが、蒸れてくると匂いなんかも気になっちゃうし。
これからの季節、なくてはならない大切な「バギーズパンツ」

今日も出勤はもちろん「バギーズパンツ」でお店に出ています(笑)

※昨年2018年に更新した「バギーズパンツ」ネタは、こちら→https://kei-hiramatsu.com/2018/08/20/post-14235/

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu