【問屋様商品受注会】路面は真っ白。しかし、会場は熱気に包まれて。2/3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

【問屋様商品受注会】路面は真っ白。しかし、会場は熱気に包まれて。2/3

「7時45分にホテルロビーで。」とスタッフと約束をしており、7時半頃にはロビーに居た。

「ん???」
ロビーから見える路面が、いや路面だけでなく、一面が真っ白になっているではないかっ。フロントのお兄さんと目が合ったので聞いてみる。

「昨夜、かなり降ったんですよ。」
小生がチドロ足でホテルに戻って来たのは、20時過ぎ。そこからは当然外出していないので、この状況は分かっていないのだ。スタッフが降りて来たので聞いてみると、やはり夜中に降り出したのだと教えてくれる。スタッフは別組で飲みの席があったのだ。「そうか…降ったんだ…」

歩き難い積雪の路面をオトコ二人は地下鉄まで向かう。昨夜しっかりと降ってくれた雪は、小生の足を奪う。「ペンギン歩き」を…とある柔道漫画で知り、やってみたのだが、真っ直ぐ歩けない。
やっぱり小生は雪国が苦手なんだ、と…(笑)

今回、北海道大手の問屋様である「アイビック」様の展示受注会。これは小売店様向けのイベントで、当社も他社同様に商品を並べて、小売店様からの受注を頂くのだ。
当社の製品は、オフショア商品がメインであり、今回はロッドの展示はやめて、メタルジグやプラグのみの展示にした。スペースが限られており、広く取れる展示会ではない。しっかりと「今季限定カラー」を見て頂き、受注を頂くために集中する。

会場は、札幌コンベンションセンターで行われ、大きな建物の展示会場スペースで開催された。本州からのメーカーも多く、トラウトが中心となった構成だなぁ、と感じる。やはり「北海道」なだけに、トラウト色は強く出ていた。(アグリティーベイト“ダーター”)(アグリティーベイト“フォール”)(アグリティーベイト“バイブ”)(オフショア用スプーン“クティガ”)

メタルジグもしっかりと展示させて頂きましたが、今年はプラグ系のゲーム展開も強くアピールしていきます。

午後17時にてイベントも終了し、撤収後はまた、スタッフと別の行動になる。小生は昨年何度もイベントを催してくださった「フィッシュランド美しが丘店」様の仲間との懇親会。
ただ、お店の閉店後からのスタートとなるので、20時半からのスタートとなる。小生は、ホテルに戻り、この日名刺交換させて頂いたお客様の確認や、受注時に受けたメモなどを忘れない様に残すなどの仕事をやっつけ、仲間からの連絡を待った。

約束の時間にホテルのロビーに出る。
すでにお迎えが来てくれていた。予約してくれたお店に行くと、ほぼみんな同時のタイミングで集合。
今回は、みんなでワイワイと飲むのだろう、と考えていたのだが、そこはどうやら違った….

乾杯時は、みんなで楽しくお酒を頂き、昨年のイベント時の話しなどで盛り上がる。
もちろん、小生の大好物である【ザンギ】も用意していただけた。

さらに、オホーツク海、稚内の枝幸町でホタテ漁をしている漁師さんから、闇で生のホタテを頂ける事に。
これは、当然持ち込みになってしまうので、わざわざ佐藤S特班員が捌いてくださり、「こそっ」といただかせてもらったのだ。

小生、48年間でこんなに美味しいホタテの刺身を食べたのは初めて。大げさでなく、これ、本当の話。(当然、闇の持ち込みなので、画像はありません…)

甘くて、口の中に入れたら、存在感はあるけど、噛むと舌の上に甘さが広がり溶けていく。
出来る事なら、このホタテの貝柱を食べ続けたい。何と言う、高級感のある、上品な味なのか。
生臭さが全くなく、「お刺身」を食べている感よりも、洋菓子の優しさを感じられる「お刺身」なのだ

失礼だが、お店で「握り」の中に「ホタテ」の握りもあり、やってはいけない、食べ比べをしてみた。
お店のホタテも当然、美味しいのもであるが、比べ物にならない程の強烈な差がはっきりと伝わる。
枝幸の漁師さんが獲ったホタテを食べて、これほどの贅沢は…と強烈に脳に焼き付いてしまった。そんな忘れられない味に感無量な「コソ食い」をさせて頂きました。

しかし。
隠れてホタテを食べている最中に、どうやら今日のメインイベントの準備は着々と進められていた様で。
小生、なぜか「メキシカン」な衣装に着替えさせられる羽目に…(汗

仲間の小澤さんが用意した衣装を着て、みんなの前で「ジギングの話をしろ」と。
もちろんしなかったのだが、なぜか小生、このタイミングから「平松教祖様」と呼ばれる羽目に。

実は、北海道入りする前に、頭の毛を剃って、気合いをいれたので、このタイミングではスキンヘッドでの参加であったのだ。
イベント会場から戻り、ホテルでの入浴時に髪の毛もサッパリさせたかったので、一応しっかりと剃っての参加だったのだ。

昨年9月のラストイベント時に8kgオーバーをキャッチされた女性アングラーは「酔ったら、触らせてもらいますよっ」とまで、言っている。
ツルッツルッ、にしての北海道入りだったので、ちょっと驚いていた人も多かったかも。

そのスキンヘッド状態で、メキシカン衣装を着せられた小生。明らかに【変なヤツ度Max】であり、がしかし、自分の姿は見れないので、後に送られて来た画像を見て、かなりショックであったが、まあ、これも仕方が無い。
写真は嘘をつかない。リアルなものをここでも掲載しておこう、と断念してUPしました。

みんなでワイワイと騒ぎ、笑い、今年の抱負なども聞かせてもらえ、とても暖かなメンバーでの懇親会でした。今年の実釣会は、更にサイズアップを狙ってもらいたいし、キャッチ数も伸ばしてもらえる様に小生も努力していきますねっ。

懇親会もお開きになり、ホテルへと。

翌日は「フィッシュランド」様のソルトウォーターイベント。体調管理に十分注意して、出張を満喫。

※そうそう。
小生の出張時の体調管理法として、ビジネスホテルでの【ルーティン】にしていることがあります。

ホテルはどの季節、どのエリアでも極度の乾燥をするので、空気清浄機や加湿器が無ければ、浴槽にお湯をためて寝る、とか、濡れたバスタオルを室内に掛けておく。そんな管理をしていますが、寝る前に、多めにポカリスエットを飲む様にしています。

朝起きたら、喉が渇いていて、ポカリスエットを飲む。これは分かります。
小生が必ず、行うのは寝る前に常温のポカリスエットを多めに飲む。そしてポカリスエットを冷蔵庫に仕舞わず。枕元に置いておく。朝目覚めたら、「グビグビグビ」と飲んで、冷蔵庫に入れて、仕事や釣りに向かう。
このスタイル、二日酔い効果も軽減されるし、お酒で利尿作用が強くなり脱水症状時にも水分補給になるので、かなりマジメに行っている【ルーティン】なのです。
翌朝の目覚めも「絶対に違います」し、なによりも「身体が、楽」なのです。

これ、出張が多い方など、絶対に試してみてください。本当に効果がありますよっ。

続く

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu