思い出の鶴舞公園へ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

妹尾道場の稽古翌日。この日は夕方からの用事となり時間があったので金山駅から地下鉄に乗り、鶴舞駅へ。
image
なんとなく懐かしい鶴舞公園に行きたくなった。
鶴舞公園には、いくつか池がある。
名古屋市北区から瑞穂区へ小6で引っ越し、馴染めないクラスの仲間と会話出来たのは【魚釣り】のネタであった。
釣りの原点とまではいかないが、かなり通い込んだ池をどうしても見たくて

金山駅周辺に宿泊しており、釣りを仕事としている小生、こんな「原点」も見て見たかった。
image
あの頃、セルビンを沈めてはエビなどを獲り、フナやクチボソ、ブルーギル、ブラックバスを釣り、釣りを通じて仲間との信頼感を作った池。思い出深い池である。

そんな思いで鶴舞公園に入り、池の周りをブラブラしてみる。
image
少しずつ当時の様子を思い出す。あの流れ込み、この杭周り、このエッジ…。

当時の釣りポイントは、しっかり記憶に残っており、エサ釣りで構わないのでたまらなく釣りがしたくなった。
image
ただ、池を見て思った。
「釣りの跡が全くない」釣り糸が落ちてたり、エサのパッケージなんかがあっても良さそうなものだが…全く無いのだ。
image
果たして今の子供達は、こことは限らずも、魚釣りをしているのだろうか?
もちろん、この鶴舞公園の池は「釣り禁止」である。でも、子供の中には元気が良いのもいたりして、釣りをしないのだろうか?image
それとも、この池の取り締まりが小生の少年時代よりも厳しくなってるのか…。
時代が違うんだろうなっ。image
池を一周しながら、ふっとそんな事を思ってしまった。
image
懐かしさの中にちょっと、寂しい気分になってしまった散歩でした。

スポンサーリンク
patagonia
パタゴニア
patagonia
パタゴニア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

keitanhiramatsu